2014年05月28日

in沖縄 その壱 ~後編~

こんにちわ。

宮田電工in沖縄 1日目の夜は・・・・・・

!!!!!宴です!!!!!



沖縄の楽器、三線ライブをききながら・・・・




飲んで・・・・・




食べて・・・・







踊って・・・・・






踊って!!!!






踊って急ぐ急ぐ急ぐ








・・・・・・・愛がうまれました笑







団体関係なく、お店にいる人たちみんなでワイワイ楽しむことができてとっても楽しかったですにっこり


2014年05月27日

in沖縄 その壱

こんにちわ音符
以前お伝えした宮田電工社員旅行の様子をお伝えしたいと思いますにこにこ



5月9日

あいにくの曇り空の中、沖縄の地に到着です。

でも、空からの眺めはとってもきれいでしたよキラン

じゃん!!





着いたらまずは腹ごしらえ・・・・ということで沖縄そばを頂きましたラーメン






ラーメンでもそばでもない・・・・でもボリューム満点でしたよにっこり



そして御一行は首里城へ・・・・

大人がはしゃぎまくりです笑




全員集合!!!!!






どこを見ても赤に染まった首里城はとっても迫力がありました音符

首里城のまわりは景観を維持するため、住人の方々も協力しレンガ色の瓦を使用した屋根にするそうです。
その屋根がかわいくて、とっても素敵な街でした急ぐ


では・・・・続きまた次回。



  


2014年05月20日

宮田電工in沖縄★


宮田電工5年ぶりに社員旅行へ行ってきました!!

場所はなんと・・・・沖縄ですキラン


沖縄で過ごした3日間をこれからゆっくりお伝えしていきたいと思いますしっしっし






  


2014年05月01日

太陽光発電 売電金額(我が家)・・・余剰電力売電です。

いきなりですが、
買電
我が家の電気代です。

オール電化ですので、
これがすべての光熱費となります。

家族4人。

電気は結構消し忘れたりしていて、
もったいないこともしています。

続きまして、
中電から私の口座に振り込まれる、
いわゆる「売電」のお知らせです。
売電

6.4KW我が家の屋根に載せてあります。
平成22年に設置しました。
新築時に、
太陽光発電を乗せるための
屋根を設計しました。

売電価格48円。
使って余った電気を売る、
売電方式です。

発電した電気を自宅や自社で使わず、
すべて中部電力に販売する
「全量買い取り制度」などは
なかった時代に設置しました。

買電     8,176円(中電に払う)、
売電    32,304円(中電から振り込まれる)。
差額は、約24,000円(私の小遣いにならない)。

これからの季節は、
エアコンも使わないため、
売電価格が増えます。
(例年の実績より)

最近ちょっと
節約の感覚が抜けてきているので、
今一度見つめ直したいと思います。


さて、
この春、消費増税に加えて、
中部電力の電気料金も
値上げされました。

会社によっては、
月に数百万円上がった、
というところもあります。

これからどんどん電気にかかわる
環境は変化していきます。

その変化は、
想像を絶する速さで
私たちの生活に入り込んできます。

柔軟に対応し、
お客さまにとって最適な
方法は何か、
しっかりと勉強したことを
お伝えしたいと思っています。


皆様の「電気使用量のお知らせ」には
太陽光発電促進付加金」なるものが、
太陽光発電を導入していない
人からも、徴収され、
太陽光発電を導入している人に支払われています。

私の自宅の売電金額は、
10年固定で、
48円(1KWあたり)ですが、

全量買い取り(10KW以上の容量)の
太陽光発電では、
20年の価格固定です。

太陽光発電を導入した人だけが、
得をする制度。
金利が保証されているような
感覚。

申し訳ない気持ちでいっぱいになります。
でも、背に腹は変えられません。

ありがたく頂戴しています。

ただ、
10年後、20年後、30年後、40年後
いやもっと先、

この太陽光発電システムが
陳腐化し、不要となった時、
本当に使えなくなった時、
どのように処理をしていくのでしょうか?

正直そこまでは考えられていないようです。

日本人の優れた技術力と発想力で
早くその道筋も開いてほしいと思います。